ふたりの王子のあらすじ

~ あらすじ ~
英国王子エドワードとロンドンの貧民街で乞食をしているトムは、同じ日に生まれ、容姿も良く似ていたことから、興味本位で衣服を交換してみることに。トムは憧れの
宮廷生活、エドワードは乞食として庶民の生活を。エドワードは、誰がみても貧しい
少年トムにみえ、トムは、頭がおかしくなった王子と思われ生活が始まります。乞食に間違えられお城を追い出されたエドワードは、偶然出会った騎士マイルス・ヘンドンを護衛にし、自分が王子であることを証明しようとお城へ向かいます。
その時、国王の死を知らせる鐘が鳴り響きます。国王の死によって戴冠式を迎えることになったトム、物語は、感動的な結末に向かいます。